任意売却の基礎知識

立川年金事務所との打ち合わせ(無益な差押えの禁止)

 「立川年金事務所との打ち合わせ」

 

ウィズ・コネクション代表の大畑です。

 

先日ブログでご紹介した前橋市の不動産について、差押え登記を入れている立川年金事務所(差押え権者は厚生労働省)と打ち合わせをしてきました。

調布から車で2時間18分かかる例の土地です笑

 

ざっくりした概要は以下の通りです。

 

(登記の流れ)

平成29年7月 抵当権設定(貸金業者です)

平成31年1月 差押え登記

 

(税金及びローン滞納額)

ローン滞納額・・・約350万

税金滞納額・・・・約250万

 

(売買相場額)

約70万~100万程度

 

見ての通り、完全なオーバーローンとなっています。

一般的には、税金滞納については全額返済をしなくては、任意売却は成立しません。

(国税徴収法第8条、地方税法14条にも、「国税優先の原則」が定めらており、別段の定めがない限り、租税債権は私債権に優先して徴取できる、とあります。)

 

今回のケースでいえば、立川年金事務所に対して、滞納している約250万を全額返済しなくては、任意売却はできないのです。

 

そこで、私は国税徴収法第48条2項に定めらた「無益な差押えの禁止」により、この差押え自体を無効なものとして取り下げさせよう、と考えました。

 

つまり、強制競売の手段を取ることによっても、回収できる見込みがゼロの場合は、差押え登記を入れてはいけない、ということです。

 

加えて今回は、税金の法定納期限が抵当権設定よりも「後」になっている為、競売になったところで、抵当権が優先され、ますます回収の見込みは無いと言わざるを得ません。

(法定納期限と抵当権との関係は、ここでは割愛させて頂きます。)

 

とりあえず、立川年金事務所の回答は、6月末頃まで保留となりましたが、差押えを取り下げる可能性も無くはない、というような感触です。

 

どのようになるかわかりませんが、またこのブログで進捗のご報告をしたいと思います。

****************************************************************************************************

任意売却は依頼する会社によって、結果に大きな差が出ます。

我々が目指すのは、「三方よし」(債権者,依頼主様,ウィズ・コネクション)の任意売却です。

任意売却を成功させ、お客様の「未来」もよしにしましょう!

 

任意売却三大トラブル事例(ブログでご紹介しています。)

任意売却三大トラブル事例(その①)

任意売却三大トラブル事例(その②)

任意売却三大トラブル事例(その③)

 

◆所得が減り住宅ローンや税金が支払えない。今後どうすればいい?

◆離婚したら家はどうなる?ペアローン、連帯債務、共有名義など家のトラブルはどうなる?

◆ブラックリストに載っても引越はできるの?

◆銀行や保証会社との交渉に同席して欲しい。

◆自宅が競売にかかってしまった。いつまで住める?など。

 

相談料は何回でも「無料」です!お気軽にご相談ください

★★★お問い合わせ先(任意売却お悩み解決サロン)★★★

TEL)042-444-8740

MAIL)info@with-c.co.jp

担当)大畑

 

任意売却について詳しくはこちら!

Facebookはこちら

任意売却の相談をするなら、ウィズ・コネクションへお任せください!
ウィズ・コネクションでは、任意売却アドバイザーの専門スタッフが
住宅ローンに関する相談を無料で受け付けています。
TEL)042-444-8740 Mail)info@with-c.co.jp

無料相談・無料査定を行っておりますので、
お問い合わせフォームもしくは
お電話でお気軽にお問い合わせください。

TEL.042-444-8740

受付:10:00~18:00
定休:水曜日