任意売却の基礎知識

時間との戦いの勝者は誰?【最終回】

 「時間との戦いの勝者は誰?【最終回】」

 

ウィズ・コネクション代表の大畑です。

 

先日ブログでご紹介した「役所VS弊社含めた取引関係者」の結末についてのご報告です

 

時間との戦いにおいての勝者は・・・

 

 

弊社含めた取引関係者  でした!

これも、売主様・買主様・債権者様全員が、取引を進めるために協力して頂いたおかげです。

本当にありがとうございました!

 

ブログの投稿は、役所担当者に閲覧されるリスクがある為、タイムラグがありますが、実際のタイムスケジュールはこんな感じでした。

 

2月26日(金) 債権調査票が債権者(抵当権者)に届く

2月27日(土) 売主様・買主様と決済を前倒しする旨の打ち合わせ

3月1日(月)  覚書の署名捺印 (※覚書の内容については、前回ブログをご参照ください。)

3月4日(木)  決済・所有権移転

 

実に戦いのゴングが鳴らされてから決済まで、ちょうど1週間です。

本来は3月末の決済予定でしたから、約1ヶ月短縮したことになります。

役所の差押え登記が先に入ると、法務局に所有権移転申請、抵当権抹消申請をしても受け付けてもらえません。

(「登記中」となり、新たな登記ができなくなります。)

 

そのような事態を避けるために、関係者皆さまに協力頂いたのですが、3月4日、無事にこちらの登記申請を法務局に受け付けてもらえました。

 

ただ、差押えが入る予定だった税金滞納は、免除されるわけではありません。

この先、役所と話し合い、月々分割で支払うことになります。(もともと売主様はその予定です。)

 

今回、任意売却を先に成立させる(※引渡し猶予)ことを優先したのは、下記3つの理由からです。

 

①売主様は破産前提ではなかった為、早期に売却し、遅延損害金(14.6%)を少なくしたかった。その分、残債務が減り、負担が軽くなるメリットが生じること。

②買主様が現金での購入だった為、取引について融通が利く可能性が高いこと。

③差押え取り下げには約300万支払わなくてはならず、債権者、買主様が負担することは不可能である為。

 

また、売主様も次の移転先(賃貸引越先)が決まっており、引渡し猶予期間内(3月末まで)に退去することが確実だった、というのも取引の安全性の観点から見ても重要な要素でした。

 

このように、任意売却には想定外のトラブルが潜んでいることがあります。

そのようなトラブルに直面したときに、関係者を纏めるスキルがあるか、先を見通した判断ができるか、ということも、任意売却業者を選ぶ際の基準ではないでしょうか。

****************************************************************************************************

任意売却は依頼する会社によって、結果に大きな差が出ます。

我々が目指すのは、「三方よし」(債権者,依頼主様,ウィズ・コネクション)の任意売却です。

 

任意売却三大トラブル事例(ブログでご紹介しています。)

任意売却三大トラブル事例(その①)

任意売却三大トラブル事例(その②)

任意売却三大トラブル事例(その③)

 

◆所得が減り住宅ローンや税金が支払えない。今後どうすればいい?

◆離婚したらペアローン、連帯債務、共有名義など家のトラブルはどうなる?

◆ブラックリストに載っても引越はできるの?

◆銀行や保証会社との交渉に同席して欲しい。

◆自宅が競売にかかってしまった。いつまで住める?など。

相談料は何回でも「無料」です!お気軽にご相談ください。

 

★★★お問い合わせ先(任意売却お悩み解決サロン)★★★

TEL)042-444-8740

MAIL)info@with-c.co.jp

担当)大畑

 

任意売却について詳しくはこちら!

Facebookはこちら

任意売却の相談をするなら、ウィズ・コネクションへお任せください!
ウィズ・コネクションでは、任意売却アドバイザーの専門スタッフが
住宅ローンに関する相談を無料で受け付けています。
TEL)042-444-8740 Mail)info@with-c.co.jp

無料相談・無料査定を行っておりますので、
お問い合わせフォームもしくは
お電話でお気軽にお問い合わせください。

TEL.042-444-8740

受付:10:00~18:00
定休:水曜日