よくある失敗事例

不正融資からの任意売却

「不正融資からの任意売却」

 

何度かこのブログでも紹介させて頂きましたが、また不正融資を発端とする任意売却案件がきました。

 

某地方銀行のアパート融資だったのですが、本来土地購入時には土地代金しか融資は実行しませんが、なぜか土地代金に建物代金を上乗せし、合計した金額が融資実行されていました。

 

「?」と思った方、その感覚は正解です。

 

建物は実際まだ建築されていませんから、担保として存在すること自体がおかしいのです。

 

でも、これにはカラクリがあります。

 

よく所有者にヒアリングすると、

土地代金(仮に1億円とします)に建物代金(仮に5,000万円とします)を合計した1億5,000万円を土地売買価格とし、売買契約書を2パターン作成し、銀行提出用に偽造していたのです。

 

でも実際の土地代金は1億円ですから、5,000万円は宙に浮いたお金となります。

そのお金はというと・・・、

悪徳不動産業者に騙されて、ほとんどが事務手数料として持っていかれたそうです。

 

結局アパートを建築する費用がなくなり、収益を全く生まない土地の融資返済が厳しくなってしまい、任意売却ということになってしまいました。

 

このようなケースは私も初めてですが、まさかこんな悪徳不動産業者がいるとは思いませんでした。

また、相場が1億の土地なのに、1億5,000万円も融資した某地方銀行にもビックリです。

どのように担保評価したのか、悪徳不動産業者とグルになっていたのではないか?と勘ぐってしまいます。

 

スルガ銀行や西武信用金庫の不正融資が明るみになってから、大分このような違法融資は減ったと思われますが、もしかすると氷山の一角なのかもしれません。

 

「甘い話には乗らないこと。」

これに尽きます。

****************************************************************************************************

任意売却について詳しくはこちら!

任意売却は依頼する会社によって、結果に大きな差が出ます。

 

任意売却三大トラブル事例(ブログでご紹介しています。)

任意売却三大トラブル事例(その①)

任意売却三大トラブル事例(その②)

任意売却三大トラブル事例(その③)

 

◆所得が減り住宅ローンや税金が支払えない。今後どうすればいい?

◆離婚したらペアローン、連帯債務、共有名義など家のトラブルはどうなる?

◆ブラックリストに載っても引越はできるの?

◆銀行や保証会社との交渉に同席して欲しい。

◆自宅が競売にかかってしまった。いつまで住める?など。

相談料は何回でも「無料」です!お気軽にご相談ください。

 

★★★お問い合わせ先(任意売却お悩み解決サロン)★★★

TEL)042-444-8740

MAIL)info@with-c.co.jp

担当)大畑

 

任意売却について詳しくはこちら!

Facebookはこちら

任意売却の相談をするなら、ウィズ・コネクションへお任せください!
ウィズ・コネクションでは、任意売却アドバイザーの専門スタッフが
住宅ローンに関する相談を無料で受け付けています。
TEL)042-444-8740 Mail)info@with-c.co.jp

無料相談・無料査定を行っておりますので、
お問い合わせフォームもしくは
お電話でお気軽にお問い合わせください。

TEL.042-444-8740

受付:10:00~18:00
定休:水曜日