よくある質問

破産申立て後いつまで住める?

「破産申立て後いつまで住める?」

 

何度かブログでも紹介しておりますが、個人事業主などの方が自己破産する場合、裁判所から破産管財人が選任され、破産者の持っている財産の管理や売却を行うことになります。

当初、債務者が主体となり任意売却を行っていても、破産申立てにあたり、破産管財人が選任されることは時々あります。

我々不動産業者としては、先に自宅売却し、その後破産申立てして頂いた方がありがたいのですが、債権者が複数いるなどの事情の元では、先に破産申立てをするケースはあります。

 

このような場合、債務者はいつまで自宅に住み続けられるのでしょうか?

結論から言うと、破産管財人の意向次第と言えます。

 

破産管財人は、全ての債権者の為に、その管理する債務者の財産を高く換価し、分配する義務があります。

また、破産者は、破産管財人に協力する義務があります。

 

例えば、破産者が自宅からなかなか退去せず、任意売却に非協力的な場合、それらの行為は、破産法第252条1項に基づく免責不許可事由(→価値減少行為)に当たる可能性があります。

そうなると、破産申立てし債務をゼロにしたいのにもかかわらず、結局破産できず、時間や費用が無駄になってしまうかもしれません。

 

破産管財人が選任されましたら、必ず面談の機会がありますので、自らの希望を伝え、よく話し合うことをお勧めします。

 

よほどのことがない限り、破産管財人は協力的なので、自宅売却成立時まで住み続けることはできると思います。

 

****************************************************************************************************

任意売却を成功させるには、「多くの経験」「担当者の人柄」「迅速なスピード」が大切です。

同じ物件でも、担当者の力量、進め方、提案力により、任意売却の結果には大きな差が出ます。

家族やご自身にとってベストな選択を、様々な視点から検証し、解決のお手伝いをさせていただきます。

ウィズ・コネクションには、ローン・税金等の滞納の連鎖から抜け出すスキルと方法があります。

まずはお気軽にご相談ください!

 

★★★お問い合わせ先★★★

TEL)042-444-8740

MAIL)info@with-c.co.jp

任意売却の相談をするなら、ウィズ・コネクションへお任せください!
ウィズ・コネクションでは、任意売却アドバイザーの専門スタッフが
住宅ローンに関する相談を無料で受け付けています。
TEL)042-444-8740 Mail)info@with-c.co.jp

無料相談・無料査定を行っておりますので、
お問い合わせフォームもしくは
お電話でお気軽にお問い合わせください。

TEL.042-444-8740

受付:10:00~18:00
定休:水曜日