任意売却の基礎知識

任意売却中に破産申立て

「任意売却中に破産申立て」

 

弊社にて先日取引させて頂いた案件です。

 

所有者(一般個人)の方から依頼を受け、債権者(別除権者)への全額返済が可能である案件です。

 

ざっくり所有者の状況は下記の通りです。

①個人事業主であり、自宅の抵当権以外に、カードローンなど別の借入あり。

②破産も視野に入れ、弁護士に債務整理の依頼をしている。

③業者買取で通常の相場より安く売却しても、別除権者への全額返済は可能。しかし、カードローンは残ってしまう。

④カードローン自体は総額で300万程度であり、業者買取で売却しても、売却後の手取りで、そのうち200万程度は返済可能である。

⑤住宅ローンは滞納し、既に保証会社に代位弁済され、日々遅延損害金が膨らんでいる。

 

以上の状況から鑑みるに、少しでも早く売却した方が良さそうです。

私は取引先で相見積もりを取り、最も高い数字を提示した買取業者の数字をもって、受任弁護士に相談に行きましたが、答えは「NO」です。

 

理由としては、

業者買取だと、破産申立てをする際に、管財人から安く不動産を売却したことについて、損害賠償請求を受けるリスクがあるから。」とのことです。

 

正直なところ、この見解は弁護士次第です。

業者買取でも全く問題なく売却に応じる弁護士もいますし、悪意を持って安く売却しない限り、管財人や裁判所から異議が出ることは、実際まずありません。

この受任弁護士は、そう言われる可能性が0.1%でもある限り、やりたくなかったのでしょう。

 

結局、任意売却中でしたが、この受任弁護士は、破産申立てをし、裁判所から「破産手続開始決定」がなされました。

前述の通り、業者買取であっても、カードローンの大半を返済することができ、残100万程度まで減らすことができましたし、何より所有者の方は破産することなく、残債務を地道に返済することも視野に入れていましたから、私も理解に苦しむ決断でした。

 

その後破産管財人が選任され、引き続き弊社にて販売し、先日無事に取引まで成立することができました。

破産管財人が入ると、その管財人指定の不動産業者にて販売をするケースが多々あり、所有者との関係が我々も切れてしまう可能性がありましたが、ホッと一息です。

****************************************************************************************************

任意売却について詳しくはこちら!

任意売却は依頼する会社によって、結果に大きな差が出ます。

 

任意売却三大トラブル事例(ブログでご紹介しています。)

任意売却三大トラブル事例(その①)

任意売却三大トラブル事例(その②)

任意売却三大トラブル事例(その③)

 

◆所得が減り住宅ローンや税金が支払えない。今後どうすればいい?

◆離婚したらペアローン、連帯債務、共有名義など家のトラブルはどうなる?

◆ブラックリストに載っても引越はできるの?

◆銀行や保証会社との交渉に同席して欲しい。

◆自宅が競売にかかってしまった。いつまで住める?など。

相談料は何回でも「無料」です!お気軽にご相談ください。

 

★★★お問い合わせ先(任意売却お悩み解決サロン)★★★

TEL)042-444-8740

MAIL)info@with-c.co.jp

担当)大畑

任意売却について詳しくはこちら!

Facebookはこちら

任意売却の相談をするなら、ウィズ・コネクションへお任せください!
ウィズ・コネクションでは、任意売却アドバイザーの専門スタッフが
住宅ローンに関する相談を無料で受け付けています。
TEL)042-444-8740 Mail)info@with-c.co.jp

無料相談・無料査定を行っておりますので、
お問い合わせフォームもしくは
お電話でお気軽にお問い合わせください。

TEL.042-444-8740

受付:10:00~18:00
定休:水曜日