任意売却の基礎知識

全額返済可能な任意売却(遅延損害金についての考察)

「全額返済可能な任意売却と遅延損害金について」

 

現在、弊社でお手伝いしている任意売却案件です。

 

既に6ヶ月住宅ローンを滞納し、保証会社に代位弁済されております。

遅延損害金は、14.6%/年になります。

遅延損害金は、代位弁済日翌日から発生します。

 

代位弁済金額は、約2800万円です。

幸いにして、弊社査定金額は3,000万円なので、普通に売却すれば、保証会社にお金を全額支払ったとしても、多少手元にお金を残すことが可能です。

 

ざっくり計算すると、遅延損害金を考慮せず、売却にかかる費用は、

①仲介手数料 1,036,800円

②印紙代      10,000円

③抵当権抹消費用  15,000円

   合計  1,061,800円

つまり、3,000万円-106万円-2,800万円=94万円 が手元に残る金額です。

 

しかし、遅延損害金について、よく考慮する必要があります。

 

年14.6%の遅延損害金がかかり、日々雪だるま式に増えています。

①年間遅延損害金額合計

2800万×14.6%=4,088,000円

②月額遅延損害金額合計

4,088,000円÷12ヶ月=340,666円

③1日あたり遅延損害金額

340,666円÷30日=11,355円

の遅延損害金がかかっていることになります。

(※上記金額は概算です。)

 

1日あたり11,355円・・・

この金額をどうお考えになりますか?贅沢なご飯を毎日外食しても余る金額ですよね。

 

保証会社の考えとしては、任意売却して全額返済ができる可能性が高い物件については、一切値引きせず、遅延損害金全額を支払わない限り、抵当権抹消はしてくれません。

つまり、1日でも早く売却して、保証会社にお金を支払わない限り、毎日遅延損害金が11,355円かかり続けることになり、結果、手元に残る資金も毎日11,355円減り続ける、ということになります。

 

今回のケースで言うならば、

遅延損害金を考慮せず手元に残せる金額が、約94万円ですから、

 

940,000円÷11,355円=82日 

 

82日で遅延損害金94万が発生し、手元にお金が一円も残らなくなってしまいます。

 

82日というと約2.7ヶ月です。一般的に売却成立まで平均約3ヶ月ですから、ほとんど時間がありませんよね?

つまり悠長なことを言っている時間もなければ、欲張って高い金額で売却できないかな?、と考えるのも非常にリスキーな話ということになります。

 

代位弁済されてからは、一日も無駄にしている時間はありません。

できることならば、代位弁済前に弊社までご相談されることをお勧めします。

 

ウィズ・コネクションでは、ただ任意売却を成功させるだけではなく、心の安心を取り戻して、前向きな気持ちで人生を歩めるよう、お手伝いさせて頂いております。

まずはお気軽にご相談ください!

任意売却の相談をするなら、ウィズ・コネクションへお任せください!
ウィズ・コネクションでは、任意売却アドバイザーの専門スタッフが
住宅ローンに関する相談を無料で受け付けています。
TEL)042-444-8740 Mail)info@with-c.co.jp

無料相談・無料査定を行っておりますので、
お問い合わせフォームもしくは
お電話でお気軽にお問い合わせください。

TEL.042-444-8740

受付:10:00~18:00
定休:水曜日