任意売却の基礎知識

任意売却にお金はかかるの?

 

「任意売却にお金はかかるの?」

 

結論から言うと、原則かかりません。

売主様のご本人確認書類書類として、印鑑証明書を取得してもらったり、多少の交通費がかかったり、ということはありますが、それ以外は不要です。

 

さらに!

引越費用や残置物処分費用が、出る可能性が高いです。

(債権者同意のもと、売却代金の中から経費として認められるもの。)

 

債権者からしたら、その分、債務者から回収できる金額が減ってしまいますが任意売却に協力してくれた所有者には、それなりのご褒美を与え、新生活を迎える為の手助けをしてあげよう、ということですね。

 

その他には、どのような費用が経費として認められるのでしょうか?

①印紙代・・・通常、契約書は一通作成にし、売主様は写し(コピー)にすれば、印紙代は買主様負担になります。

②仲介手数料・・・弊社のような販売会社に支払うものです。

③登記費用・・・抵当権抹消、住所変更登記費用

④管理費等滞納金・・・遅延損害金が別途かかる場合は、経費としてその分は認められない可能性が高いです。自転車・バイク・駐車場使用料など、属人的なものも認められません。

⑤固定資産税等差押取下げ費用・・・遅延損害金については認められない可能性があります。

⑥ハンコ代・・・二番抵当以下、債権者に支払う金額。

⑦財団組入金・・・破産管財人が売主となる場合。

⑧名義変更料、譲渡承諾料・・・物件が借地権の場合。

⑨残置物処理費用

⑩引越費用

⑪賃貸借契約にかかる諸費用

などです。

 

もちろん、上記の全てがどの債権者(主に第一抵当権者)でも認められるわけではありません。

中には認められない経費や、金額の上限が定められている場合があります。

 

それでも競売で不動産を手放さなくてはいけなくなれば、引越代などは一切出ませんから、任意売却には大きなメリットがあると言えます。

 

ウィズ・コネクションでは、債権者と債務者が、WIN-WINの関係になるよう、間に入って取り纏めさせていただきます。

お気軽にお問合せください。

 

任意売却の相談をするなら、ウィズ・コネクションへお任せください!
ウィズ・コネクションでは、任意売却アドバイザーの専門スタッフが
住宅ローンに関する相談を無料で受け付けています。

無料相談・無料査定を行っておりますので、
お問い合わせフォームもしくは
お電話でお気軽にお問い合わせください。

TEL.042-444-8740

受付:10:00~18:00
定休:水曜日